ブロリコ 筋肉

40代で筋肉をつくる

40代筋肉 

 

40代で筋肉をつくるとなると相当な努力が必要になってきます。
30代、40代ではお腹が出ている「ぽっこりお腹」状態になってしまい、なかなか脂肪が減らない人も少なくありません。
「お腹が出てきたな。いつかは筋トレして筋肉をつけないと!」
そのフレーズは何回も言っているのではないでしょうか?
ただの発声練習だけで終わってしまう方も多いと思います。

 

「いつかは」
その言葉は忘れましょう!
覚える言葉は「今すぐ」です。

 

今すぐ筋トレをして筋肉をつくるのです。
とは言っても、実際に筋トレする器具がない方もいるかと思います。
自宅に筋トレ器具がない方は腕立て伏せ、腹筋、スクワットなどいろいろと出来るものも多いですが、効率を考えるとやはり筋トレ器具は必要になってきます。

 

筋トレ器具も比較的、安価で買える器具ばかりですから痛い出費はあまりないかと思います。
ダンベルとか腹筋ローラーとかあれば十分だと思います。
後は工夫次第で何とかなります!

 

先程、「効率」と言う言葉が出てきましたが、筋肉をつくる上で必要なのは筋トレは間違いないのですが、もっと効率を良くするためには「栄養」も必要になってきます。

 

さすがに、筋トレをはじめてから栄養面を知るにはまだ全然知識がない方が多いです。
栄養面は面倒だから勉強する気にもなれない・・・と言う方だって当然いるはずです。

 

そんな方は、栄養をプロテインやサプリメントで補うやり方が適切だと思います。

 

 

プロテインで栄養を補う

筋肉をつくる主な成分はもちろん「たんぱく質」です。という事は、筋トレ後は、筋肉の材料となる「たんぱく質」を摂る事が必須になってきます。たんぱく質が多く含まれているのが「ホエイプロテイン」です。
ホエイプロテインは、乳由来のたんぱく質で、適切な量をビタミンと一緒に摂る事で、筋肉を効率よく成長させる効果が期待できるのです。
プロテインと言っても、種類はごまんとありますが、その中でもホエイプロテインはたんぱく質の含有量が多く、素早く吸収される特徴があるのです。
ホエイプロテインにもビタミンが一緒に含まれたプロテインや糖質が一緒に含まれたものもあるので、自分の足りないなと思った栄養素が入っているプロテインを選ぶ事が大切です。

 

 

サプリメント(BCAA)で栄養を補う

サプリメントはプロテインに次いで必要な栄養素がたくさん詰まっています。
特に筋肉に欲しい成分が「BCAA」です。
BCAAとは必須アミノ酸の中にある「バリン、ロイシン、イソロイシン」の名称で、筋肉を合成する時に必要になってくる栄養素なのです。

 

このBCAAは筋肉を合成する他にも、脳の疲労軽減作用やエネルギー源の補給として活躍してくれる成分なのです。

 

簡単に言い換えると、BCAAは筋肉をつくるための「スタートボタン」みたいな感じです。
スタートボタンがある事は最終的にはゴールもあります。(ここでのゴールとは筋肉を増強する事を指します。)

 

だから、BCAAが含まれているサプリメント(おすすめの筋肉サプリ)を摂って筋トレをスタートさせる。
そして、キツイ筋トレを行った後にプロテインを摂って筋肉の素材を増やす。
後は、筋肉をよく回復させる事で、以前よりもパワーアップした筋肉が出来上がると言うメカニズムです。

 

ここで言えるのがサプリメントだけ摂ってもかまわないと言う事です。
BCAAは筋肉をつけるスタートボタンなのですから、ある程度、食事でたんぱく質を摂っていれば、スタートさせるだけで十分なのです。

 

今の食事だけでは物足りないなと感じた場合に、プロテインを摂って栄養素を補うやり方もあるのです。やり方は人それぞれですので、自分に合ったやり方を見つけて、筋肉に必要な栄養素を摂りましょう。

 

 

 

40代で免疫力を補う為には

40代で免疫力アップ 

 

風邪をよく引く方や体調を崩しやすい方など体の不良が起きやすい方と言うのは免疫力が低下しているからだと言われています。
免疫とは、病原菌やウイルスなどの外敵からの侵入を防いだり、もし、体内にウイルスなどが入ってきた場合、そのウイルスと闘ってくれる自己防衛機能の事を指します。

 

この免疫と言われる体内のシステムは非常に精巧で、常に外敵がやってくるのを監視し、いくつもの免疫細胞が強調し合って働いてくれるのです。

 

ヒトの体は1日に数千ものがん細胞が発生しているのですが、免疫システムによって、がん細胞を死滅させたりもしているのです。

 

この免疫と言うのは、いつも体を守ってくれるボディーガードのような存在なのです。

 

免疫力は一般的に20代にピークを迎え、次第に減少傾向にあります。
と言うとは、40代にもなれば20代の3分の2まで低下してしまいます。
50代になると、約半分もの免疫力が低下すると言われているのです。
高齢者にもなればほとんど免疫力がなくなっている状態になってしまうのです。

 

高齢者の病気の中で特に死因が多いのが”がん”ですが、免疫力が低下してくるとがん細胞に勝ち打ちできる免疫細胞が少なくなっていくため、がんが発症して亡くなってしまうケースもあるのです。
このように、免疫力が低下してしまうと様々な病気にもかかりやすくなってしまうのです。

 

それに、今ではストレス社会と言われています。
先程は年齢を重ねるごとにより免疫力が低下すると言っていましたが、ストレスを溜め込みすぎると年齢にかかわらず、免疫力が低くなっていることも考えられます。

 

免疫は体にとってどれくらい大事なものかわかりました。
では、免疫力を補うためにはどのようにすればいいのかご紹介します。

 

 

適度な運動、睡眠、バランスの摂れた食事が必要

免疫力を高めてくれる一つ目の方法が適度な運動です。
運動することにより、リンパの流れが良くなってきます。
すると、代謝機能が向上し、免疫力を引き出してくれるのです。

 

とは言っても外へでて運動する事も難しい方も少なくないはずです。
仕事などでも忙しくてなかなか時間がないと言う方もいますからね。

 

そんな時間がない方はストレッチやツボ押しなどもおすすめです。
ストレッチをするだけでも、体中のリンパの流れを良くし、不要になったものを排出してくれます。
ツボ押しでも、体を刺激しますから、血流が促進され、体があったまってくるかと思います。
特に足のツボは体全体とつながっているので、血流がよいと免疫力も引き出してくれる働きがあるのです。

 

このツボ押しの働きによって、体がポカポカになりますから、質の良い睡眠へと導いてくれるので、メリットは大きいです。
睡眠もなるべく6〜8時間は取っておきたいところです。仕事が忙しいとそれだけ寝る時間も削られてきますから、睡眠不足になってしまったり、ストレスを溜め込んでしまう事も考えられます。
睡眠は体の機能をリセットしてくれますから、十分にとることをおすすめします。

 

 

最後はバランスの摂れた食事です。
一般的に免疫力を補ってくれる代表的な食材は次のとおりです。

 

  • 海藻類
  • 発酵食品
  • きのこ類
  • 緑黄色野菜

 

など。
普段の食生活で摂れるものばかりです。
でも、
バランスの摂れた食事と言っても40代になるとたくさん食べる事は難しくなってきます。
10代や20代に比べ、圧倒的に食が細くなっているように感じます。
何十種類もの栄養素を取り入れなければならないのは酷です。
それなら、サプリメントで足りない栄養素補うやり方が効率が良いです。

 

 

ブロリコは評判が良い!

免疫力を補うために食材を使って栄養を補うにはブロリコがおすすめです。
知っている方は知っていますが、ブロリコが登場する前は「アガリクス」と言われるきのこの一種で、免疫細胞を活性化させる働きがあるとして一躍有名となりました。

 

しかし、

 

今は、そのアガリスクよりも約50倍スゴイと言われる成分が発見したのです。
それが「ブロリコ」なのです。
このブロリコは東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が世界初となる成分を発見したのです。
元になった食材はみなさんがよく知っている「ブロッコリー」なのです。
ブロリコの詳しい説明は「ブロリコ評判.net」にかいてあります。

 

評判も良く、40代から70代まで幅広い年代で利用されているのです。
やはり、40代から体調が崩しやすくなってくる年齢に入ってきたので、重い病気にかかる前に免疫力を補う方が多くなってきています。
自分では免疫力が高くなったのか全くわからないので、継続して摂り続けることをおすすめします。気が付いたら、「あっ!そういえば風邪を引きにくくなったのかもしれない」、「体が思うように動く!」、「体調を崩しにくくなったように感じる」など思う日もくるかもしれません。